宮崎仁

問い合わせ

PE-01 Member

■ 福田 隆(ふくだたかし)

 熊本市出身。東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。同大学院修了。 1973年以降、パーカッショングループ72のメンバーとして、打楽器音楽の普及に努め、作品の委嘱、初演等行う。
1982年 帰熊後、熊本ユースシンフォニーオーケストラの指揮者に就任。以後、数多くの学生オーケストラ及び市民オーケストラの指揮者・トレーナ
     ーを務める。
1986年 第21回熊本県文化懇話会新人賞受賞。同年9月より1987年7月までロータリー財団留学生として、ベルリンフィルハーモニーオーケスト
      ラ・カラヤンアカデミー留学。
1990年 熊本学園大学グリーンフィルハーモニックオーケストラの発足と同時に指揮者に就任。現在まで14回の定期演奏会を指揮。
1993年 3月より9月まで、熊本市「人づくり基金」を得て、ザルツブルグ・モーツァルテウム・オルフ研究所留学。
1999年 大分県立芸術文化短期大学打楽器科学生によるアンサンブル「パーカッショングループ ミレニアム」を結成。以後、現在まで8回のコン
     サートを開催。
2000年 8月 熊本県吹奏楽連盟45周年記念、熊本県中学・高校選抜吹奏楽団アメリカ演奏旅行を指揮。(ニューヨーク、ボストン)
2001年 パーカッションアンサンブル01を結成。「音のツボ~うたうパーカッション~コンサート」を熊本、神戸、山梨、千葉等で開催。
現在、国立音楽大学教授 熊本大学・玉名女子高等学校講師

■ 野中 美千代(のなかみちよ)

 東京芸術大学附属高校を経て東京芸術大学卒業。 同大学院修士課程打楽器専攻修了。同大学院音楽教育専攻研究生修了。
在学中より、マリンバアンサンブルWoody-5、パーカッションアンサンブルNAMを結成して 演奏活動を行い、ワシントンDCにて開催された国際セミナーに参加するなど研鑽を積む。 マリンバ、打楽器を高橋美智子、有賀誠門、今村三明の各氏に師事。
現在は、マリンバアンサンブル「エバーグリーン」、他楽器や絵本・朗読などとのコラボレーション企画「コラボ戯(ZARE)」を主宰し 国内各地で演奏活動を行っている。 また、打楽器奏者としてオーケストラや室内楽での公演を重ね、アマチュア音楽団体の指導者としても活動している。
現在、国立大学法人宇都宮大学教育学部非常勤講師 東京都台東区・千代田区器楽専門指導員 ケーズアートオフィス打楽器講師

■ 木野 聖子(きのさとこ)

 熊本県在住 九州女学院高等学校卒業後、英国王立音楽院入学。同音楽院学部および、アドバンスコース卒業。 D iploma with Meritを取得。
在学中に同院シンフォニックウインドアンサンブルとT・Musgraveによる「Concerto for Marimba and Wind Orchestra」を共演。
J・Blades 賞およびA・Zildjian Percussin 賞を受賞。
打楽器を、福田隆、松倉利之、N・Cole、D・Jackson、ティンパニーをK・H・Goedecke、 マリンバを、C・Boyle、L・H・Stevensの各氏に師事。
現在、マリンバのソリストとして、また打楽器奏者としてソロ、アンサンブルなどで活動中。

■ 宮崎 仁(みやざきひとし)

 山梨県在住 東京芸術大学音楽学部打楽器科に学ぶ。有賀誠門氏に師事。 在学中にシエナ・ウインド・オーケストラに創立メンバーとして入団。
アコースティック・バンド「G-クレフ」に参加。メンバーとなる。
1990年 2ndアルバム「五右衛門」が日本レコード大賞アルバム企画賞を受賞。同年、NHK「紅白歌合戦」に初出場。
1993年 渡米。NEW YORK drummer collectiveにて、ボビー・サナブリア氏に師事。 第52回山梨県芸術音楽祭にて、芸術祭賞ならびに実賞受賞。
      UTYテレビ山梨「山梨音楽旋風」100回記念コンサートをプロデュース。
2003年 渡辺美里うたの木ツアー「Cafe Voyage」に参加。
2000年より山梨県立高校「心豊かな高校教育」の特別講師。